ニキビ跡を改善する|妊娠線予防用クリームの選び方を知る|肌に優しい化粧品

妊娠線予防用クリームの選び方を知る|肌に優しい化粧品

ニキビ跡を改善する

お尻

お尻というのは、人の身体の中でもニキビができやすい部位だと言われています。お尻にニキビができてしまうと、椅子に座る時等に痛みを感じることがあるでしょう。また、女性の方であれば夏場に露出の多い水着(ビキニ等)を着る機会がある人がいるかと思います。そういった水着を着る際、太股の付け根といった露出している箇所にニキビができてしまうと人目が気になってしまうはずです。しかし、女性のお尻ニキビにおいて最も問題となるポイントはそこではありません。最も問題となるポイントは、ニキビ跡が残ってしまうという点になります。そういった問題はしっかりとしたケアを行なうことで改善できますので、ここでは正しいケアの方法について知っていきましょう。

ニキビ跡と一概に言っても、その種類には炎症タイプや色素沈着タイプ、クレータータイプ、しこりタイプの4種類が存在します。それぞれのタイプによってケアの方法が異なるため、注意が必要です。炎症タイプの場合、コラーゲンの生成とターンオーバーを促進する働きを持つビタミンC誘導体を摂取するというケアが最適だと言われています。また、ビタミンC誘導体は皮脂分泌量をコントロースする作用があるため、ニキビの発生や悪化を防ぐ効果を得ることが可能です。次に、色素沈着タイプのケア方法についてです。色素沈着タイプのニキビ跡には顔用の美白コスメの使用をお勧めします。顔タイプの美白コスメは基本的に低刺激であるため、お尻の使用に適しています。また、美白コスメは一般的にシミの改善に使用されますが、色素沈着タイプのニキビ跡にも効果的なのです。最後に、クレータータイプとしこりタイプのニキビ跡について考えていきましょう。これらのタイプはセルフケアが難しいため、治したいのであれば美容外科治療を受けることをお勧めします。